G 63 AMG 17th Anniversary Edition G36L改の魅力。Ver-2 大分県 Toshinori Hirokawa  

G 63 AMG 17th Anniversary Edition G36L charm breaks. Is Ver-2.

G 63 AMG 17th Anniversary Edition G36L charm breaks. Is Ver-2. AMG G36L breaks G63 Limited specification Nothing no problem even if somewhat old! W463 become vintage classical, G straight 6 engine model How! The AMG slopes G class of 1996 model, Of 35 units limited model style of state-of-the-art 2014-type model To the G 63 AMG 35th Anniversary Edition G36L revised design The appearance Exterior around it tried significantly to change custom modifier. Emissions is to heavy weight class body, such as the piste What about with fruits M104 unit is even a AMG engine? There is a problem of differences and V8 torque in the case of L6 unit. Under the name machine AMG M104 type DOHC straight six of the exhaust amount 3600cc, Is likely to be worth my best to do my best. Moreover, but it is a AMG complete of this machine genuine, Of mere appearance Exterior emblem design of speaking, Jewels than a change of simple reversal replacement of from 36 to 63. Although HIC Nanchatte, Because once AMG I of AMG, In mackerel reading custom model year change Stretch even as was somewhat warped, That's There is no any as AMG machine problem. Even even finish the street catalog model color of style, It pass each other in the city in it Same as are subject subtle and AMG G63. G63 Limited in familiar I aim the metal sense of Special Selection color. Thus only a small exterior slightly only by custom, You feel when you were watching Yara owned better than imagined Mood will continue very different. From monotone as by color Silver and combination of the piano black, Will it be one of the magic with color, Come under the color dark above is thin color Combination as a combination, the From overall reluctance become expansion color and low center of gravity made sense of stability You show me a tightening of calm. Tremendous effect to me fearless summarized up as well, It might be that makes us expect to some extent. Such as appear bigger of SUV off-road vehicle Than the strong force ornaments custom of Aller, Compact elegance is I enjoy casually Adult coordination of subtraction is attractive. Want moderately these modest atmosphere and exterior sense W463 The owners, and as a two-tone style Featured It may be that the combination of color. Kai Takashi 1969



G 63 AMG 17th Anniversary Edition G36L改の魅力。 Ver-2です。

AMG G36L 改 G63 Limited 仕様
多少古くても何も問題御座いません!
W463 ビンテージクラシカルなる、
直6エンジン搭載モデルのGはどうよ!

1996年モデルのAMGゲレンデ Gクラスを、
最新型2014年式モデルの35台限定車風の
G 63 AMG 35th Anniversary Edition G36L改デザインへと
外観エクステリア廻りを大幅に変更カスタムモディファイさせてみました。

排気量はゲレンデのようなヘビーな重量級ボディーへと
AMGエンジンと言えどもM104ユニットははてしてどうなのか?
L6ユニットの場合はV8とは違いトルクの問題が御座います。
排気量3600ccの名機 AMG M104型 DOHCストレート6で、
精一杯に頑張ってみる価値がありそうです。

しかもこのマシン正真正銘のAMGコンプリートなのですから、
いってみれば単なる外観エクステリアのエンブレムデザインの、
36から63への簡易逆転入れ替えの変更なので御座います。

なんちゃってでは御座いますが、
一応AMGはAMGなのですから、
サバ読みカスタム年式変更で
背伸びを多少ワープさせたとしても、
それこそ何らAMGマシンとしての問題は御座いません。
色のスタイルもカタログ掲載モデル通りに仕上げても、
それはそれで街ですれ違う
AMG G63と同じでは微妙で御座います。
G63リミテッドでお馴染みの
スペシャルセレクションカラーで金属感を狙いました。
こうしてエクステリアをほんの少しだけカスタムさせるだけで、
想像以上に所有欲やら観られた時に感じる
気分は大きく違って参ります。

モノトーンからバイカラーとしての
シルバーとピアノブラックへのコンビネーションは、
それは色の持つ1つの魔法でしょうか、
薄い色が上で濃い色が下に来る
コンビネーションとしての組み合わせは、
全体的に腰高なる膨張色から低重心なる安定感と
落ち着きのある引き締まりを見せてくれます。
精悍に纏め上げてくれる絶大なる効果も、
ある程度は期待させてくれるのかも知れません。
SUVクロカンのより大きく見せるような
ド迫力装飾品カスタムのオーラーよりは、
コンパクトな上品さがさり気なく味わえる
引き算の大人のコーディネートが魅力です。
適度にこれらの控えめな雰囲気とエクステリアセンスが欲しい
W463オーナーさまには、 お薦めのツートンスタイルとしての
コンビネーションカラーなのかも知れません。

甲斐 孝志 1969

憧れます 6×6 AMG G63

merc-g63-6x6-vid-1








Mercedes-Benz-G63-AMG-6x6








017_o








Mercedes-g63-amg-6x6-armored-_44B1326







b3661242-s







AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

Thanks to its inception in '20

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Yokohama AFF1
Yokohama, Kanagawa Prefecture Tsuzuki-ku Hayabuchi 3-31-1
045-591-0888

AM: 11: 30 ~ PM: 21: 00
Thursday regular holiday



AFF3 Mechanical Tokyo

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Tokyo Tower 3 shop
Tokyo, Minato-ku, Shiba Park 3-6-23 halo Kaikan Building 1F
03-6459-0831
Board of Directors total store manager Kai Takashi
AM: 11: 30 ~ PM: 20: 00
Thursday regular holiday

AMG G36L ストレートシックス M104フィーリングの魅力。

10991502_423899114436849_963187866528623341_o


時間の余裕があるときには
積極的にこのG36 AMGに乗っています。
このクルマの走りはV8カイエンターボの
エンジンフィーリングとはまったく違うなぁと思いました。

どちらのエンジンが良いとかいう優劣のことではなくて、
どちらのエンジンも車好きな人の心に響く良い印象を持ちました。
Gクラスの搭載するAMG社製 M104型直列6気筒エンジンは、
アクセルをガンガンに踏み込んでいくことで
予想以上の力を加速フィーリングを発揮させてくれるのです。

これが 3,600ccの排気量なのか?
と正直疑うくらいの強烈なるポテンシャルなのです。
クルマを運転する側の立場としては、
アクセルワークを速度が出過ぎないように
躊躇させながら恐る恐るキニシー運転するよりも、
逆に気持ちよく思い切り踏み込んで走るほうが
はるかによいと私は思いました。

ボディ剛性の高さとエンジンフィールの気持ちよさが
これまた高次元で融合しているんだと思います。
一時は生産が終了すると噂されたW463   Gクラスですが、
多くのファンの意見によって生産が継続され、
さらに引き続き細かな部分が進化しています。

製造年式のどの時代に造られたなんて関係ないのが
このW463   Gクラスなのです。
どこかの年式の縁のある適当な個体を手に入れて、
それを自分色に染めていくことができるのだと思います。

オートファッションファクトリー九州店


廣川 俊憲 








10980765_816319841739293_1676378247485393438_n










10993962_816320218405922_2931691213372715956_n










10960162_816320055072605_2873797461449152203_o










10974212_816319958405948_4798924860526484875_o










10960162_816320055072605_2873797461449152203_o-1










10344246_423899341103493_8460607604569826159_o











11001634_423899637770130_3248602279222996531_o










10460632_816319751739302_2549052328150006541_o











11000435_423899164436844_3459299791259296086_o









11001706_816320268405917_2283279883187568314_o











10344246_423899341103493_8460607604569826159_o












最新型のG63LAMGのエクステリアを手に入れる方法。AMG G36L

10626184_421930347967059_8684883584438894838_o


メルセデスベンツGクラスの素晴らしいところは、
その基本骨格が35年を経過した現在でも全然変わらないところなのです。
このAMG G36も買って来た時にはこのようなスタイルでAFF-1へやって来ました。
どことなくビンテージ感漂う昔ながらのGスタイルだったのです。
このG36Lを最新式のAMG  G63L Limitedスタイルへとカスタムモディファイです。

憧れのGクラスは高値の華?なんて思っていませんか?

さらに最近ではAMGから
G   6×6 AMG  という8,000万円以上もする6輪スーパーカーや
V12エンジンを搭載させたG65なんていう
約3500万円を軽く超える価格帯のクルマもあります。
さらにG63AMGも諸経費込みでオプションを適当に追加すると、
乗り出し価格は約2,300万円レベルの価格帯となってしまいます。

なかなかそのような価格帯の夢のクルマを、
おいそれとは手が出せないのも現実。
それならば、ビンテージな時代のGを手に入れ、
今お持ちのGクラスもしくは値段の熟れて来たかつての旧型Gで
値段的にも無理せずに手が届きやすい価格帯のGクラスをベースとして
エクステリア関係の総リフレッシュの意味をかねて
最新式スタイルへとカスタムモディファイなんてのはいかがでしょうか?

このような芸当が出来る車両は、
歴史的に基本骨格を変えなかったW463
Gクラスゆえの特権領域なのです。
さらに内装を適度に最小限度のセンスでも構いませんから、
自分好みのインテリアへと仕上げることで、
愛着はさらに増し、この先もずっと乗り続けようという
熱い気持ちにもなるのではないでしょうか?
これぞ本当の意味でのエコロジーデザインなんですね。
 

場所: オートファッションファクトリー九州店

廣川 俊憲





10530647_421930451300382_6041524745489023139_o









10943059_421930407967053_2966368112402753042_o








mercedes-g63-amg-first-images-photo-gallery_14







Mercedes-g63-amg-6x6-armored-_44B1326










2014-mercedes-benz-g63-amg-6x6-side-in-motion-02-1








2013-g63-edit_001








017_o








Mercedes-Benz-G63-AMG-6x6










10476016_421930591300368_8454835704735877581_o










merc-g63-6x6-vid-1









10866125_421930691300358_4892943762563116192_o










g63_1










6666   _AFF2079









1492704_421930631300364_1361073667267384515_o










10293772_421930861300341_2537425257378051183_o









10960406_421930731300354_1469642978912985653_o








img3709_DSC_0906








10626379_421930811300346_7862338371204597913_o



AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

Thanks to its inception in '20

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Yokohama AFF1
Yokohama, Kanagawa Prefecture Tsuzuki-ku Hayabuchi 3-31-1
 
045-591-0888

AM: 11: 30 ~ PM: 21: 00
Thursday regular holiday



AFF3 Mechanical Tokyo

Tokyo just right in the middle

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Tokyo Tower 3 shop
Tokyo, Minato-ku, Shiba Park 3-6-23 halo Kaikan Building 1F
 
03-6459-0831

Representative Director Kako Toshifumi
AM: 11: 30 ~ PM: 20: 00




b3661242-s



ギャラリー
  • W463ボディー G36 AMGで少し走ってきました。
  • W463ボディー G36 AMGで少し走ってきました。
  • W463ボディー G36 AMGで少し走ってきました。
  • W463ボディー G36 AMGで少し走ってきました。
  • W463ボディー G36 AMGで少し走ってきました。
  • W463   G36 AMGが修理から戻ってきました。
  • AMG  G36L  G63改 大分で腰上OH
  • AMG  G36L  G63改 大分で腰上OH
  • AMG  G36L  G63改 大分で腰上OH
AMG G36 頑張ってます!
Takashi Kai 1969 G63 AMG
AMG G55L 改 G63 Limited 仕様 多少古くても何も問題御座いません!

AMG G55L 改 G63 Limited 仕様 多少古くても何も問題御座いません! W463 ビンテージクラシカルなる2,000年モデルのAMGを、 最新型2013年モデルのG63 デザインへとエクステリア廻りを変更です。 排気量は今も昔も変わらずにV8の場合は同じく5500ccで、 しかもこのマシン正真正銘のAMGコンプリートなのですから、 いってみれば単なる外観エクステリアのデザインの簡易変更なので御座います。 なんちゃってでは御座いますが、一応AMGはAMGなのですから、 サバ読みカスタム年式変更で背伸びを多少ワープさせたとしても、 それこそ何らAMGマシンとしての問題は御座いません。 色のスタイルもカタログ掲載モデル通りに仕上げても、 それはそれで街ですれ違うAMG G63と同じでは微妙で御座います。 G550リミテッドでお馴染みのスペシャルセレクションカラーで金属感を狙いました。 こうしてエクステリアをほんの少しだけカスタムさせるだけで、 想像以上に所有欲やら観られた時に感じる気分は大きく違って参ります。 モノトーンからバイカラーとしてのシルバーとピアノブラックへのコンビネーションは、 それは色の持つ1つの魔法でしょうか、 薄い色が上で濃い色が下に来るコンビネーションとしての組み合わせは、 全体的に腰高なる膨張色から低重心なる安定感と落ち着きのある引き締まりを見せてくれます。 精悍に纏め上げてくれる絶大なる効果も、ある程度は期待させてくれるのかも知れません。 SUVクロカンのより大きく見せるようなド迫力装飾品カスタムのオーラーよりは、 コンパクトな上品さがさり気なく味わえる引き算の大人のコーディネートが魅力です。 適度にこれらの控えめな雰囲気とエクステリアセンスが欲しいW463オーナーさまには、 お薦めのツートンスタイルとしてのコンビネーションカラーなのかも知れません。

名前
メール
本文